こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » 美術の先生の話

美術の先生の話

H23.8月16日(火曜)


中学1年の美術の担当は

おじいさん先生で、好きな先生でした。


印象深いのが

夏休み前の、最終授業の時間。


「今日はもう授業はいいから

 椅子だけ持って前に来て」


と、クラス全員を美術室の黒板の前に集めて

突然始めたのが



怪談。


話術が、うまい。 話が、恐い。



衝撃のラストでは


あまりの驚きで椅子から転げ落ちた子もいたほどでした。

(ホントです!)


そして
その怪談話のあと


また唐突に始まったのが


第二次世界大戦、戦地フィリピン
田村一等兵の話。



田村一等兵になりきって

身振り手振りを交えた先生

の、魂のこもる話。


もしやコレって先生の体験談?


皆ぐんぐん話に引き込まれ


ああもう目の前に敵のアメリカ兵がっ!というそのとき


先生が


「…というお話が

大岡昇平の 『野火』 に書かれています」




ちょうど授業が終わりの時間。





昨日の、終戦記念日。


だから読めとか、だからどうだとか
それ以上なにも語らなかった

先生を思い


自問。


そして私には

いまだ戦争を知ろうとする努力がぜんぜん足りてないと

反省。


                             【編集:杉山】


  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289