こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » 言霊の話

言霊の話

H25.3月15日(金曜/シミ毎発行日)


先日

オリコミ営業・塚本さんから

心理カウンセラーの心屋仁之助さん

の、話を聞きました。



『どうせ私、○○だし…』

と、○○にマイナスの言葉を入れてしまうと

行動もマイナスなものばかりが集まってくる。


けれど

どうせ私…と思わず口に出てしまったとしても


『どうせ私、人なつっこいし』

『どうせ私、人に好かれるし』

など、○○にポジティブな、いいセリフを言っていると

それが

どんどん 現実 になってくる。


そんな

「一種の 言霊 みたいなもんですねー」

みたいな内容の話を聞きました。



そこで

シミ毎・佐野さんが言うことには


「いい話。

でも私は  『どうせ私』  なんて

最初っから言いませんけどねー(笑)」


ヘヘン!

みたいな感じで


きっとこうした人の近くにいるのが

てっとりばやくポジティブになる方法かもしれません。



しかしながら

言葉

って、なんでも口に出して言ってみるもんです

という小さな出来事がおこりました。



と、いうのは

昼休みに読んでいた

マンガの主人公が


〝やわらかな求肥の皮に包まれたおいしそうな苺のスイーツ〟


を、せっせと作っていまして


佐野さんと

「うあー!食べたいーー!」


と、ワイワイしていた矢先。 (その約2時間後)





でましたっ 言葉の力!


三保にあるケーキ屋さん、ブジーさんの

〝やわらかな求肥の皮に包まれたおいしそうな苺のスイーツ〟

いただきましたーー




これぞ、言霊現象!

別名を、偶然!


何にしてもコレ、おいしいかうまいか、のどっちかでーす!



                            【編集:杉山】





  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289