こんにちは!シミズ新聞店です。清水区の新聞はシミズ新聞店におまかせを!
シミズ新聞店


シミズ毎日編集室 » 編集室こぼれ話 » ごんぎつね展

ごんぎつね展

H25.3月22日(金曜)


びく、 彼岸花、 白いかみしも、 火縄銃、 あおい煙



新美南吉の傑作

『ごんぎつね』



小学4年の国語で読み

当時、口惜しいような悲しいラストが

あまり好きになれなかった物語なのに

そこに出てくる単語は

なぜか鮮明で

今でもぱっぱっと湧いて出てきます。





そんなわけで

100年前の今日、

29歳の若さで亡くなった

新美南吉の


『 新美南吉、生誕100年 ごんぎつねの世界展 』 


を観に

先日、静岡市美術館に行ってきました。




展覧会には

作者の29年間の生い立ちを知ることのできる

肉筆の原稿、スケッチ

や、手紙。


さらに作家12名の描く、すばらしい絵本原画。


そして現在の小学4年生たちが書いたごんぎつねの感想文まで

掲示してあり


作者の短い生涯29年

の、短いとか長いとかよくわからなくなりました。




そして


「 悲しみの中にこそ、美しさや愛がある 」


と、

愛の在り処を

悲しみの中だけに見ていた

作者の生きてきた境遇を知ることで


ごんぎつねの

愛があるからこそ悲しい 

あのむかし好きになれなかった結末を


むかしよりは少し理解できたような

いやいやまだぜんぜんなような

そんな気がしました。



展覧会は

3月31日までやってます。

                        
 

                            【編集:杉山】
  ページのTOPへ
【シミズ新聞店】   〒424-0808 静岡市清水区大手1丁目3-1 TEL:054-366-1577 FAX:054-367-9289